土方歳三

土方歳三、新選組の鬼の副長と怖れられながらも、新撰組を幕末最強の剣客集団として育て、
そして最期までサムライとして生きた土方歳三の生涯。

土方歳三イラスト-誠の旗写真

土方歳三人物伝

 天保六年(1835年)五月五日、武州多摩郡桑田村石田にて豪農、土方隼人義諄(よしあつ)の六人目の子供(兄三人、姉二人)として生まれる。土方家は副業の家伝薬「石田散薬」、「虚労散薬」の製造販売もしており、「大尽(だいじん)」とば呼ばれる村一番の裕福な農家でありまた。父義諄は歳三が生まれる三ヶ月前に死去、母恵津(えつ)は、歳三が満五歳の時に死去。父の顔も知らず幼少で母を失った歳三は、兄(次男、喜六)夫婦に育てられる。土方家は長兄為次郎が目が不自由であったため次男が相続していた。十一歳になった歳三は、江戸上野広小路、呉服店松坂屋に奉公に出ます。しかし勝ち気な性格が災いし番頭と喧嘩し、店を飛び出します。

その時、まだ十一、二歳の少年が一人、九里(36km)の夜道を実家まで帰ったというのですからよほど負けん気の強い少年だったようです。実家にいずらくなった歳三は、母親代わりとも言える姉のぶの嫁ぎ先、日野の名主、佐藤彦五郎のもとに身を寄せます。この佐藤彦五郎は近藤勇の時にも紹介しましたが、近藤とは親しい間柄の人物でした。のちに彼を通して土方歳三と近藤勇は知り合うこととなります。しかしその前に歳三は、十七歳の時、再び江戸の大伝馬町の呉服屋に奉公にでます。しかし「眉目秀麗」と伝わるほどの美男であったがゆえの過ちといえるかどうか、店の女中と男女の仲となり、妊娠させるという不祥事を起こしてしまいます。この時も義兄である佐藤彦五郎が歳三を助けます。
奉公人として向かない歳三は、佐藤家に居候しながら石田散薬の行商などをします。しかし商人になるつもりもなかった歳三は、恐らく何か自分に向く道を探していたのでしょう。そしてそんな時、彼は宿命ともいえる出会いをするのです。まだ当時は島崎勝太を名乗っていた近藤勇その人です。

土方歳三が正式に天然理心流近藤周助に入門するのは二十五歳になってからですが、それまで彼は薬の行商の傍ら道場を見つけては他流試合を申し込み腕を磨いていたと言われています。その頃、長兄為次郎と義兄彦五郎の薦めで戸塚村の三味線屋の一人娘お琴との縁談がもち上がります。
しかし義兄弟としてともに将来への大望を誓った近藤勇との生きる道を歩もうとしていた歳三は、「この天下多事の折、いずれ何か一事業をとげて名をあげたい。よりてなおしばらくは、私の身を自由の身でありたい」と親族の前で答えたとのことです。お琴は許嫁として歳三を待ち続けたとも言われていますが、彼女と歳三が結ばれることはなく、彼女の消息も不明とされてます。本来ならば商人として生きる道をひかれていた歳三ですが、それらを捨て、近藤勇との夢、武士となるという夢を叶えるべく、文久三年(1863年)近藤勇、そして試衛館一門とともに浪士組に参加するのです。そして最強の剣客集団、新撰組の中でも鬼と恐れられた副長、土方歳三として生きることとなるのです。

土方歳三 年表一

土方歳三 年表一

土方歳三 年表二

土方歳三 年表二

土方歳三 年表三

土方歳三 年表三

土方歳三人物伝と共に年表も随時追記していきます