土方歳三愛刀伝「和泉守兼定」

 作刀者は、新々刀期の名工であり会津藩御抱えの刀鍛冶、会津十一代和泉守兼定。 刃長は二尺八寸(約85センチ)、幾たびもの実戦をくぐり抜けた強靱な刀でありながら、それでいて兼定の特徴でもある刀身の美しさはぐんを抜いていたそうです。
地肌(鍛え肌))呼ばれる地鉄を熱し打ち叩き鍛錬する工程において刀身の横腹に現れる模様が美しく現れた名刀だったそうです。
蝦夷の地に渡り最期を悟った土方歳三が新撰組隊士、市村鉄之助に託した遺愛刀となった「和泉守兼定」は紛失し現在に存在しませんが、土方家にはもう一振りの和泉守兼定二尺三寸五分(約71センチ)が存在するそうです。

土方歳三愛刀イラスト

※上記の刀は、イメージイラストとして描きましたので実物とは異なります。