近藤勇愛刀伝「長曽祢虎徹」

 近藤勇が佩いて(腰に差す)いた刀は、新刀期に名を馳せた刀工、長曽禰興里入道虎徹(ながそねおきさとにゅうどうこてつ)の作刀とされていますが、本物であったかどうかは定かではありません。 長曽禰虎徹は甲冑鍛冶から刀工に転身した人物です。刀は古刀(平安中期〜桃山時代)、新刀(桃山時代〜江戸時代・元禄)、新々刀(江戸時代・元禄〜幕末)とその刀がつくられた時代(作刀期)で区分されています。 沖田総司の愛刀「菊一文字」の刀工とされる則宗は古刀期を代表する名工です。近藤勇が佩いた打刀「虎徹」は、反りが浅い、広直刃の剛剣だったと言われています。

近藤勇は、虎徹のすばらしさを養父であり、天然理心流三代目でもあった近藤周斎に宛てた文に「池田屋での戦いでも自分の刀は、折れも曲がりもせずに鞘に納まりました」としたためていたそうです。 近藤勇の愛刀が「長曽祢虎徹」であったかどうかは今となっては鑑定もできないでしょうが、よほどの剛剣であったのでしょう、その実力、すばらしさは彼ら新撰組の実戦の中で証明されていることだけは紛れもない事実です。
一説によると近藤勇の虎徹は、幕末(新々刀期)の刀工、源清麿の作刀とも言われています。近藤勇の遺愛刀は某神社に奉納されているとも伝えられていますが、現存するかどうかは定かではありません。

近藤勇愛刀イラスト

※上記の刀は、イメージイラストとして描きましたので実物とは異なります。