新選組血風録(1998年)エンディングテーマ『さよなら』
(唄)松山千春

新選組血風録1998年、テレビ朝日開局40周年特別企画として制作された「新選組血風録」
エンディングテーマ曲「さようなら〜松山千春」

shinsengumicd1 テレビ朝日開局40周年特別企画「新選組血風録」エンディングテーマ「さよなら」 作詞・作曲そして、お唄いになっているのは、芹沢鴨こと松山千春先生でございまする。
わたくしは、このシングルCDを大切にし、そして何年も聴き続けてまいりました。
新撰組筆頭局長、芹沢鴨が歌っておられると思うと感無量でございまする。
ほんに、良い御歌でございまする。
幕末動乱の京都で結成され、白刃を潜り、血刀を振るい、そして滅びの道をひたはしる新選組
時代の大波に逆らってでも「誠」を貫こうとしたサムライたち・・・武士の世の終焉
愛した人が、一人、また一人と去ってゆく無情
そして、いつしか・・・想い出となってゆくサムライたち
散り際に美学を求める日本人、侍の姿を表現した美しく、そして切ない曲でございまする。