幕末に蘇る刀〜日本刀

武士の魂「日本刀」動乱の幕末に再びその力を蘇らせる

日本刀イラスト

武士が戦場の強者であった戦国時代、織田信長、豊臣秀吉の天下取りを経て徳川の時代に入り泰平の世が続きました。
そして武士の魂である刀もその本来の戦うための武器から武士としての威厳を誇示するためのものとなり、そして二本差し(大刀、脇指)を差した武士の姿が定着しました。そして実戦本位のつくりではなく拵(こしらえー刀の外装)を重視するようになりました。
武士以外は大小を差すことが出来ませんでしたが、裕福な町人などは脇指一本だけなら差すことを許されており、嗜好品として相当豪華な刀を職人につくらせたようです。 そのように装飾品そのものとなっていた刀が幕末に再び実戦本位のものとして生まれ変わるのです。

己の身を守る為、敵を斬る為という戦国時代に火花を散らした強靱な武器であった頃にもどるのです。そして拵も装飾重視から堅牢なものへと変わっていきます。刀身は長くなり、鞘は丈夫な作りとされ、柄は太く、長いものとなります。 まさしく刀本来の姿へと戻るのです。
そんな幕末に生まれ変わった刀をこよなく愛した人物の一人に近藤勇がいます。 彼の愛刀、長曽祢虎徹への想いは並々ならぬものがあったようです。
「池田屋騒動」では、折れることもなく、曲がることもなかったと自慢していたそうです。 その虎徹が本物か偽物かという論争もありますが、その剛健な刀が彼の身をあの凄まじい池田屋の激闘から守ったのは事実です。