近藤勇、土方歳三、沖田総司ら浪士組入洛〜文久三年二月二十三日

梅の花写真

文久三年(西暦1863年)二月二十三日(旧暦)は、近藤勇、土方歳三、沖田総司、井上源三郎、永倉新八、原田左之助、藤堂平助ら試衛館の面々が入隊した浪士組が京都に到着した日でございまする。
今から155年前の今日、2月23日に新撰組誕生のきっかけとなる浪士組が京のみやこにやってきたのでございまする。

清河八郎の提案した「将軍上洛のための警護」という名目で徴募された浪士組が江戸小石川伝通院を出立したのが二月八日でございますので、浪士組一行は中山道を進み、十六日間で京に到着したことになりまする。

栗塚旭主演「燃えよ剣」でのナレーションにもございました
「春まだ浅い、京のまち」に試衛館の猛者達はやってきたのでございまする。

京のみやこは、近藤勇、土方歳三そして沖田総司らの目にどのように映ったのでございましょうか・・・